【妄想】水溜りボンドがワードウルフをやったら・・・

スポンサーリンク

~登場人物~

・カンタ ・トミー ・Pさん ・キイチ

ある日の午後、メインチャンネルの撮影が終わって、トミーとカンタが一息ついている。場所は撮影部屋。

トミー「あー、疲れた。今日の動画も取れ高あったね。コーラ飲む?」(トミー、自分の分のコーラを注ぎながら)

カンタ「飲む、飲む。あんがと。最近、調子よくない?高評価が2万とか3万いってる動画も結構あるし」

トミー「なあ。いい感じだよな。最近は、キイチとかPさんもよく出てくれるし、俺らも楽しんで撮れてるからな。」

カンタ「そういうのって、伝わるのかもね。他のYouTuberのとか見てても、やっぱ熱量伝わってくんじゃん?」

トミー「ああ、あるな、そういうの。いい動画は、見てるこっちも楽しくなるからな」

カンタ「これ、続けていきたいね。いい方のスパイラルにしたいよね。」

トミー「ね、メイン撮った後のコーラうめえ~」

カンタ「(コーラを一口)ふう~。よし、メインの編集頑張るかな。」

トミー「あ、そうだ。今日撮るサブチャン、キイチとPさんが帰ってきたらやるから」

カンタ「ん、わかった。何やんの」

トミー「ええとね、ワードウルフっていうゲーム。最近、女子高生とか女子大生の間で流行ってるんだって。人狼みたいなゲームらしいよ」

カンタ「いいじゃん、女子受け大事だかんね」

玄関のドアが開く音、Pさんとキイチが部屋に入ってくる。

Pさん「ただいま~」

トミー「おかえり」

カンタ「ちょうどよかった。サブチャン、撮っちゃおう」

キイチ「え、今帰ってきたばっかなんすけど」

トミー「いいじゃん、早くして」

カンタとトミー、カメラの準備をし始める。

キイチ「ええ、もう撮るんすか」

トミー「もうカメラ、回してるから。Pさーん、やるよ」

Pさん「え、は~い」

トミー「はい、という訳で、今日のサブチャンは、最近女子大生や女子高生に人気らしい『ワードウルフ』というゲームをやろうと思います」

カンタ「よっ!!」(だるそうなキイチとPさん。カンタは普通に元気)

トミー「いやいや、やる気あんのカンタだけかって。キイチとPさん、やる気見せて」

Pさん「ぽん!」(元気を絞り出して)

トミー「はい、Pさんからポンいただきました。キイチはまあ、あれっしょ。やってれば元気になるしょ」

カンタ「で、ワードウルフって何?」

トミー「ええと、簡単に言うと、仲間はずれが誰なのかを当てるゲームです。まず、一人ひとりに、単語が割り振られます。それで、お互いに他の人が何なのかわからない状況でスタートするんだけど、一人だけみんなと違う単語が割り振られてる人がいるから、会話の中でその人が誰なのかを当てる、っていうゲームです。」

カンタ「たとえば、俺だけ水溜りボンドで、他の人みんな東海オンエア、みたいな?」

トミー「そうそう。で、いきなり「二人組の~」とかいうとすぐばれんじゃん?」

カンタ「はいはい」

トミー「だから、そこんとこの微調整をうまいとこやってくってわけ」

キイチ「了解っす。」

トミー「Pさん、大丈夫?」

Pさん「おっけー。」

トミー「よし、じゃあ、それぞれお題確認して」

カンタ・・・ココイチ

トミー・・・すき家

Pさん・・・すき家

キイチ・・・すき家

トミー「じゃあ、はじめます。」

カンタ「おっしゃ、これ負けたらどうする?」

トミー「ん~、わかった。尻文字でお題の字を書くのは?」

Pさん「絶対やりたくない・・・」

カンタ「やりたくないからこその罰ゲームだかんな。燃えるぜ」

キイチ「カンタさん、そんな自信あって、大丈夫ですか。フリになりませんか」

カンタ「大丈夫、じゃんけんは弱いけど、頭脳戦は負けない自信あるから」

トミー「これで負けたら、めちゃおもろいな。じゃあ、やるよ」

Pさん「なんかそれっぽいこといえばいいんだよね」

トミー「そう。じゃあ、一人ずつ行くか。俺からいい?」

カンタ「いいよ」

トミー「んんと、お店、、、だよね?」(周りを見渡す)

カンタ、Pさん、キイチ「うん」

カンタ「一緒だわ~、よかった。じゃあ次、俺。俺は行ったことある」

トミー「うん、俺もあるわ」(Pさん、キイチ、頷いている)

カンタ「いいね~、わかんないね。次、キイチ行く?」

キイチ「俺っすか。・・・・・食べ物、関連ですか」

カンタ、トミー、Pさん、周りを見ながら頷く。

トミー「いいとこいったね。てことは、あれか。食べ物の店ってことは一緒で、なんの店かが違うってことじゃね」

Pさん「うわ~、じゃあ、次の僕の発言、結構大事じゃない?」

カンタ「そうなるね。よし、Pさん行こう」

Pさん「怖いな~。・・・東京にかなりの数ある」

トミー「俺はあると思う」(キイチ、頷く)

カンタ「俺も。え、なんだこれ?ムズイな」

トミー「じゃあ、一周回ったから俺行くよ。んと、さっきPさんが東京にあるって言ったけど、このお店の商品、俺ら動画で扱ったことあるよな?」

カンタ「ああ、あるね!次俺もそれ言おうと思ってた」

トミー「え、じゃあ、Pさんかキイチかな。ちょっとカンタ攻めていいよ」

カンタ「わかった。これはね、おいしいよね!!」

トミー「いや、それ攻めてないから。カンタ基本なんでもおいしいっていうから。グミの味の違いわかってなかったし」

カンタ「いいじゃん、Pさんかキイチが自爆してくれるの待とうよ」(勝者っぽく)

トミー「(不満そうに)まあ、いいか。次、キイチ」

キイチ「あの、その商品にはご飯が付いてくる感じですよね」

トミー「あ~、それな。めちゃご飯進むわ」

カンタ「一緒だ」

Pさん「これ、もう一つのが何か考えてたんですけど、あれかなっていうのがあるんだよな~。でも、攻めきれないから、安パイで。」

カンタ「攻めてもいいけどな」

Pさん「怖いからな。えっと、このお店の食べ物を思い浮かべた時に、チェーン店が何個か思い浮かぶ・・・どう?」

トミー「あるね、割と行ったことあるな」

カンタ「俺も、2つは行ったことあるな。」(ココイチとC&Cを思い浮かべながら)

キイチ「俺は、3つありますね。」(すき家松屋吉野家を思い浮かべながら)

カンタ「え、キイチ意外とグルメじゃね?俺、2つしかないけど」

トミー「あ、これ、別れたな。キイチは知ってるだけじゃなくて、3つとも行ったことあんだよな」

キイチ「はい、あります。」

カンタ「俺も、名前は知ってるには知ってるよ。行ったことないだけで」(焦りを隠しながら)

トミー「ちょっとカンタが怪しいぞ。Pさん、ナイスアシスト」

キイチ「次俺いきますね。ちょっと攻めますけど、このお店って、注文する時に、自分の希望を伝えられますよね」

カンタ「たとえば?」

キイチ「量多めとか」(カンタ、自分が多数派だと思い、安心した様子)

カンタ「それね、辛さとかも変えれるよね」

トミー、キイチ、Pさん、一瞬の間。3人で顔を見合わせる。

トミー「どっちかっていうと、つゆだくとかじゃね?」

キイチ「トミーさん、わかります」

Pさん「辛くはないかな」

カンタ「(自分が少数派だと気づいてごまかすように)ちょっと待って、今はキイチに合わせてただけだって」

トミー「じゃあ、弁明していいよ」(からかいながら)

カンタ「あれだよ、あれ。もうほぼ答えだけど、牛丼のお店でしょ」

トミー「そうだよ。でも、俺ら牛丼のチェーン店は3つ行ったことあるじゃん」

キイチ「辛い方のチェーン店は、あんまり行きませんけど、牛丼の方は割と行きますもんね」

Pさん「さっき、2つしか行ったことないって、言ってたからね。よし、勝ったぞ」

トミー「じゃあ、少数派だと思った人をせーので指すよ。せーの」

トミー、Pさん、キイチの3人はカンタを指さす。カンタは一瞬迷った後、キイチを指す。

トミー「はい、じゃあ正解を確かめます。俺は、すき家

キイチ「俺もです」

Pさん「一緒」

トミー「ということで、カンタの負け。罰ゲーム。自分のを尻文字で書いてください」

カンタ「やだよ。恥ずかしいじゃん」

トミー「最初の会話、完全にフリだったな。」

キイチ「カンタさん、オチとしては最高ですよ。(笑いながら)」

カンタ「おいー、やだー。キイチひとごとだからってさあ」

トミー「はい、早く締めたいから、カンタ早くして」

トミー、力づくでカンタをカメラの前に連れていく。

カンタ「いやー、Pさん助けて」

Pさん「がんばれー」

カンタ「いやいやいや」

トミー「カンタの尻文字まで3、2、1・・・」

カンタ、尻文字で「ココイチ」と書ききる。

トミー「でも、すき家で負けじゃなくてよかったじゃん。「家」って漢字地獄だよ?」

カンタ「そうだけど・・・いや、そういう問題じゃない」

トミー「という訳で、今日はワードウルフを紹介しました。みんなもやってみてね」

カンタ「もう、やりたくない」

トミー「キイチ、Pさん、ナイスプレー。またやろ」

カンタ「いやまじで、尻文字は地獄だよ。NHK的にやっちゃいけないやつだって」

サブチャンネルの終わりのBGM

~チャンネル登録はこちらから~


【早食い】トミーすき家で牛丼並を食べて出てくるまで何秒かかる?


【激辛】ココイチのカレーを1辛〜10辛全種混ぜたらどのくらい辛い?