どこまで行っても悩むのなら、一歩でも前で悩むべし。

スポンサーリンク

たとえば、恋人が欲しいと思ったら、インターネットで

「彼氏 ほしい」 「男性ウケ 服」 「合コン 恋人募集」

とかって調べたりする訳です。

それで、そこに書いてあることを見て、合コンに行ってみたり、かわいい服を着てみたり、色々とやってみる。

そうすると、「あれ、合コン行っても全然次につながらないんだけど」とか「かわいい服ってなんだよ。結局顔がかわいい子ばっかりちやほやされるんじゃん」とかって思ったりする。

そして、また、インターネットを開いて、

「合コン デートにつなげるには」 「合コン 連絡先交換する」 「もてる化粧」

とかって調べたりする訳です。

それで、そこに書いてあることを見て、今度はつけまつげをしてみたり、チークの付け方を変えてみたり、合コンでのふるまい方を変えたり、色々とやってみる。

そうすると、「よし、連絡先ゲットできた」って思って浮かれてたら、何回かやりとりしただけで音信不通になったり、いざデートにこぎつけても、全然会話が弾まなくて「まじやらかした・・・」って思ったりする。

そして、また、インターネットを開いて、

「デート 会話 盛り上がるには」 「好きな人 ライン 長続き」 「好きな人 会話のネタ」

とかって調べたりする訳です。

それで、そこに書いてあることを見て、相手が好きそうなものを話題に出したり、ラインのスタンプでかわいいのを送りつけたり、色々とやってみる。

そうすると、段々会話が長続きするようになって、「よし、そろそろ告白だな」、「どうやったら相手に告白させられるだろう」とか「どうやったらこの人とお付き合いできるだろう」とかって思ったりする。

そして、また、インターネットを開いて、

「女子から告白」 「好きな人 告白させる」 「告白 シチュエーション」

とかって調べたりする訳です。

もうさ、永遠にループだよね。

告白してダメだったらダメだったで、また悩むし、告白が成功して付き合うことになったとしても、きっと新しいことに悩む。

どんな状況になったって、悩むことに変わりはない。

だったらさ、一歩でも前に進んで悩んだ方がよくない?

今悩んでることから一歩前に出ても、どうせ悩むんだったら、悩んで立ち止まっちゃうよりも、歩きながら悩んだ方がいいよね。

追伸:この記事は、半分作り話で、半分実体験。

はあああ~、まじで転職活動悩みすぎて、エントリーシートが書きあがらないぞ。よし、こういう時は寝るに限る。そうしよう。