静岡県立中央図書館のブックポストまでの行き方徹底解説【写真あり】

スポンサーリンク

この記事では、静岡県立中央図書館のブックポストへの行き方を写真付きで徹底的に説明します。

「図書館で本を借りたはいいものの、なかなか返しにいけない・・・」

「本を返しに行けるのが、閉館後になってしまう・・・」

という方におすすめの内容です。

県立中央図書館のブックポストは、図書館の入り口とは違う場所にあります。

ホームページにもブックポストの位置は、一応のっていますが、それだけでは非常にわかりづらいので写真つきで紹介します。これを読めば、ポストへの行き方がわかりやすくなりますよ。

静岡県立中央図書館の開館時間・住所・休館日・アクセス方法

まずは、静岡県立中央図書館の基本情報をおさえておきます。「ここは大丈夫」という方は、目次から次の項目へお飛びください。

開館時間

  • 土・日・月・火曜日、休日 ・・・・・午前9時~午後5時
  • 水・木・金曜日(休日を除く) ・・・午前9時~午後7時 (休日…国民の祝日、振替休日、国民の祝日に挟まれた日) ※2018年5月29日現在、暫定的に 全て午前9時~午後5時 で開館しております。

    この時間内に返しにいけない場合には、ブックポストに返却することとなります。もしくは、他の施設で返却することも可能です。 返却可能な施設については、以下で詳しく解説しています。

    なお、詳しい開館日については、公式ホームページの「カレンダー」の項目より、お確かめください。

休館日

  • 毎月第1、第3及び第5月曜日(月の末日に当たる場合を除く。休日に当たる場合は、翌日以降の休日でない最初の日)
  • 毎月月末(土、日、休日に当たる場合は、その前の最も近い土、日、休日でない日)
  • 年末年始
  • 特別整理期間等
  • 視聴覚ライブラリーの休館日は上記のほか土・日曜日

住所

〒422-8002 静岡市駿河区谷田53-1

アクセス方法

JR草薙駅より、静鉄バス「草薙瀬名新田線」で「県立美術館」(約6分)下車して、徒歩約2分。バスを使わない場合、歩いて25分程度です。

静岡鉄道・県立美術館前駅より、静鉄バス「草薙瀬名新田線」で「県立美術館」(約3分)下車して、徒歩約2分。バスを使わない場合、歩いて15分ほどです。

静岡駅前または新静岡バスターミナルより、静鉄バス「県立美術館線」で「県立美術館」(約30分)下車して、徒歩約2分。

車で行く場合には、以下のイラストの駐車場をご利用ください。なお、駐車場が利用できる時間は、9時~20時となっています。

f:id:osanm060225musicAY:20180529195612p:plain

静岡県立中央図書館 交通及び周辺案内(県立中央図書館)

また、イラスト左側にある図書館隣接の駐車場は、図書館を利用される方のみ1時間以内に限り駐車できます。ブックポストを利用する際には、この駐車場を利用するのがおすすめです。

電話

  • 代表:054-262-1242
  • 視聴覚ライブラリー:054-262-1247

開館時間に返しに行けない時の対処法2つ

それではここから、開館時間に本を返却できない時にどうしたらいかについてご紹介します。大きくわけて、方法は2つあります。

一つは、「県立中央図書館のブックポストに返しに行くこと」、もう一つは、「他の施設で返却すること」です。以下で、詳しく解説します。

県立中央図書館のブックポストに返しに行く。

県立中央図書館のブックポストに返しに行く場合、はじめての方はきっと、通常の図書館の入り口に行ってしまうと思います。

そこからでも行くことはできますが、案内板が小さくわかりづらかったり、階段が多いので暗い時間は危ないです。

今はスマートフォンでも明かりをつけることができるので、暗い時には必ず明かりをつけるようにしてくださいね。

私がおすすめするのは、直接ブックポストの近くまで、車で行ってしまうという方法です。駐車場があるので、車で行って、さっと本を返して、すぐに帰ることができます。

通常の図書館の入り口から行く場合、一度どこかに車を置いてから、歩いていかなければならず、時間的なロスも大きいです。なので、圧倒的に、ブックポストの近くまで車で行く方法をおすすめします。

以下では、両方の方法について、解説しています。

本来の入り口→ポストに行く。

図書館入り口

f:id:osanm060225musicAY:20180529222737j:plain まずは、静岡県立図書館の入り口に行きます。本を借りた時に一度は行っていると思うので、ここは大丈夫そうですね。

看板

f:id:osanm060225musicAY:20180529223053j:plain この入り口の横に、「ブックポスト」と書いてある、看板があります。

進んでいくと

f:id:osanm060225musicAY:20180529223242j:plain この矢印にしたがって、右に進んでいくと、こんな感じです。昼間は明るいですが、夜はかなり暗いので、「え、この先に進むの?嫌だなあ」と思うかもしれません。そんな方はこの後紹介する、ブックポストに近くに車を置く方法がおすすめです。

左に曲がる

f:id:osanm060225musicAY:20180529223316j:plain 突き当りを左に曲がります。先の方に、また緑の看板が見えますね。そこまでいきましょう。

看板

f:id:osanm060225musicAY:20180529223352j:plain この矢印の通り、進んでいきます。

階段を下がる

f:id:osanm060225musicAY:20180529223447j:plain わかりづらいですが、階段になっています。よく晴れた昼間でさえも、階段であることがわかりづらかったので、ちょっと危険ですね・・・。夜は特に注意してください。

左に進む

f:id:osanm060225musicAY:20180529223519j:plain 階段をくだると、このように道が分かれています。左の先にまた緑の看板があるので、そちらに進みましょう。

看板

f:id:osanm060225musicAY:20180529223558j:plain 左ですね。進みましょう。

石段注意

f:id:osanm060225musicAY:20180529223702j:plain ここから石段になります。石段は普通の階段と違って、段によって幅が違うので、注意しながらおりてくださいね。それから、ここ、夜はありえないほど暗いです。一度夜に本を返却しにきた時に、暗すぎて泣きそうになりました。

石段

f:id:osanm060225musicAY:20180529223742j:plain 石段っていうのはこんな感じ。(っていいつつ新品の靴を見せたいだけです。てへ)

石段ラスト

f:id:osanm060225musicAY:20180529223817j:plain 夜に歩くのは危ないですが、昼間にちょっとお散歩するのにはうってつけですよ。緑も多くて、空気もおいしいですしね。

あとちょっと

f:id:osanm060225musicAY:20180529223907j:plain 石段をくだると、こんな風景が目に入ります。あの屋根の先にブックポストがあります。

ここを進んでいく

f:id:osanm060225musicAY:20180529223943j:plain あとはまっすぐ行くだけです。

ブックポスト

f:id:osanm060225musicAY:20180529224028j:plain こちらは図書の返却用のブックポストです。開館時間内には使えないので、注意してくださいね。

f:id:osanm060225musicAY:20180529224102j:plain こちらは、雑誌や視聴覚資料(ビデオ・CD・DVD)の返却口です。こちらも開館時間中には使えません。

これで無事に本を返すことができました。ですが、見ていただいておわかりのように、この道順だと暗いところが多く、正直危険です。

そこで、暗い道を通らなくてもいい方法を次に解説します。それは直接ブックポストの近くまで、車で行ってしまうという方法です。

直接、ブックポストの前に車で行く方法(駐車場あり)

静岡県立中央図書館に通じている、「彫刻プロムナード」を進んでいくと、左に曲がる道があります。

左に曲がる

f:id:osanm060225musicAY:20180529224413j:plain この看板の先を左に行きます。

別れ道

f:id:osanm060225musicAY:20180529224503j:plain 分かれ道はこんな感じ。左に進みます。

進む

f:id:osanm060225musicAY:20180529224553j:plain そして、この道を進んでいくと、先ほどのブックポストがある場所につきます。

駐車場あり

f:id:osanm060225musicAY:20180529224629j:plain 1時間ならば、無料で駐車場を使うことができます。乗用車が17台置けるので、駐車場の心配はいらなそうですね。また、障がい者用の駐車場もあるので、体が不自由な方でも安心です。

以上、ブックポストまでの行き方をご紹介しました。この二つの方法ならば、私は断然、後者をおすすめします。

もしかしたら、「そうはいっても県立中央図書館は遠いから、返しに行くだけで一苦労なんだよな」という方もいらっしゃるかもしれないですね。

そんな方は、ぜひ、他の施設で返却できるというシステムを使ってみてください。

他の施設で返却する方法

返却期日内であれば、以下の施設でも返却ができます。ただし、以下ではカウンターへの直接返却がメインとなっており、ブックポストは不可のところもあるので、気を付けてくださいね。

  • グランシップ県立図書館コーナー「えほんのひろば」
  • 県民サービスセンター(県庁東館2階)
  • 男女共同参画センター(あざれあ)(ブックポスト利用は不可)
  • 総合教育センター(あすなろ)(ブックポスト利用は不可)
  • 静岡大学付属図書館(本館)(ブックポスト利用は不可)
  • 市町立図書館(静岡市、川根本町を除く)(ブックポスト利用は不可)

貸出延長サービスもあり

また、もしも「この本をもうちょっと読みたいなぁ」という場合、返却期限内であれば、一度だけ貸出期間を延長することができます。

ただし、その本の予約者がいない場合に限ります。また、ビデオ・DVD・朗読CDは延長することができません。

詳しくは以下の公式ページよりお確かめください。>>>

静岡県立中央図書館 貸出延長サービスのご案内

まとめ

以上、静岡県立中央図書館のブックポストまでの行き方や、本の返却に関することを合わせてご紹介してきました。

これを読んでどなたかのお役に立てましたら、幸いです。少しでも「読んでよかった」「ためになった」ということがありましたら、ぜひ、SNSでの拡散をよろしくお願いいたします。

ついでも読者登録もしていただけると泣いて喜びます。読んでいただき、ありがとうございました。また次に見に来てね。ぐっばい。