【一般利用】静岡大学の図書館が最高すぎるから、学生じゃなくても使い倒すべき【行き方徹底解説つき】

この記事では、静岡大学附属図書館の一般利用について紹介します。静大の学生さんではなくても、誰でも自由に使うことができるので必見ですよ。

  • 定年退職して、最近は昼間の時間帯がヒマでしょうがない。
  • 今年の夏休みは特に遊びに行く場所もなくて退屈だなあ。涼しくて面白い場所ないかなあ。



そんな方々におすすめなのが、静岡大学の附属図書館です。

「え、学生じゃないと使えないんじゃないの?」って思いました?

それが、誰でも使うことができるんです。しかも、大学図書館だけあって色々な資料が充実しているので、とても楽しめますよ。

それでは、静岡大学附属図書館についてご紹介していきますね。



静岡大学附属図書館の開館時間・カレンダーは?蔵書検索はできる?

f:id:osanm060225musicAY:20180531130919p:plain

静岡大学附属図書館の開館時間は、

  • 授業期・試験対応期の平日・・・9:00~22:00
  • 授業期の休日・・・10:00~19:00
  • 試験対応期の休日・・・9:00~21:00
  • 休業期の平日・・・9:00~17:00
  • 休業期の休日・・・10:00~17:00



となっています。

静大の学生さんは気付いていないかもしれませんが、夜の22時まで図書館が開いてるのって、とってもすごいことなんだよ??

私のいた大学は、夜19時には平日でも閉館しちゃってましたもん。

母校の悪口言うつもりはないけど、それでも「勉強したい」って思った時に、その場所が保証されている、っていうのはとってもすばらしいことだと思います。

学生さんも、そうじゃない人でも、みんなで静大図書館を使い倒そう!!

ちなみに、開館時間がわからない時には、「静大図書館 時間」で検索すると、以下のカレンダーが出てきます。

一目でわかるので、おすすめです。

f:id:osanm060225musicAY:20180531131009p:plain

開館カレンダー | 静岡大学附属図書館



静岡大学附属図書館までのアクセス


静岡駅からバス停まで


まずは、静岡大学附属図書館への行き方をご紹介します。

(1)JR静岡駅北口のしずてつジャストラインバス8B番乗り場から

  • 美和大谷線「静岡大学」行き
  • 「東大谷」(静岡大学経由)行き
  • 「ふじのくに地球環境史ミュージアム」(静岡大学経由)行き



のどれかに乗車し、「静岡大学」又は「静大片山」で下車します。

(2)美和大谷線「東大谷」(静岡大学を経由しないもの)行きに乗車した場合は、「片山」で下車します。

静岡駅からバス停までは、所要時間25分ほど、1時間に5~7本走っています。本数も多くて安心ですね!

バイクや自転車の置き場所はある?



静岡大学まで自転車やバイクで来られる方もいらっしゃるかもしれませんね。

そういう方も心配ご無用!大学だけあって、自転車置き場もバイク置き場も充実しています。

静大に行くための坂道を上っていると、右手に駐輪場があります。そこがいっぱいだったとしても、「静岡大学」のバス停を越したあたりに、駐輪場があります。

今までに何回か行っていますが、駐輪場がなくて困ったことはただの一度もありません!しかも無料です。なので、安心して足を運んでくださいね。

バス停から図書館までの行き方

「バス停で降りたら、もう大丈夫!!」って思いましたか?

実は、バス停から図書館までが、なかなか距離があるんです・・・。

しかもわかりづらい!!!

という訳で、次はバス停から図書館までの行き方を写真付きで徹底解説しちゃいます!!

バス停

(社) まずは、こちらが静岡大学のバス停です。忘れずにここで降りてくださいね~。

バス停の前はこんな感じ

(社9 緑が多くて、心地がいいです。今は5月ですが、風も気持ちがいいですね。

不動産屋さんを確認

8社) バス停から10メートルくらいのところに、不動産屋さんがあります。この不動産屋さんと向かい合った時に、左側の方向に進みます。

右手に坂

(社) ちょっと進むと、右手に坂が見えてきます。おっと、なにか青い看板も見えますね。

看板

8社) 「附属図書館」と書いてあるので、安心して、進んでいきましょう。

坂がきつい・・・

8社) 坂はこんな感じ。見た目以上にきついです・・・。

あと、この坂、雨の日はものすんごくすべるので、気を付けてくださいね。

実は今日、すべって転びそうになったところを、子ども連れのお母さんに見られてしまいました・・・。それだけでも恥ずかしいのに、「ああいう風になんないようにしっかり歩くんだよ」ってお母さんが子どもに教えているのが聞こえてしまって恥ずかしかったです。とほほ。

すべりそうな時には、大股ではなく、小股でちょこちょこ歩くのがポイントです。

右手に・・・

(社) 坂を上りきると、右手にこんなのが見えます。このすき間を通っていきましょう。車は通行できなくなっているので、堂々と歩けますね。

看板

(社) そのまま進むと、案内図が目に入ります。

分かれ道

(写真 案内図があるところは、ちょうどこんな感じの分かれ道になっているので、左に進みましょう。

(社) はあ、また坂・・・。静大に4年間通ったら、体重が10キロくらい落ちそうですね(適当)

マムシに注意

8社) 坂を上ると、「マムシに注意」の看板があるので、マムシが向いている方に進みましょう。って、冷静に考えたら、マムシがいるってヤバいです・・・。

建物

(s) そのまま進むと、建物が見えます。これよく見ると、「P棟」って書いてありますよね。

それで「え、AからPまで全部あるの?!?!」って思ったら、「プレハブ棟」の「P」だそうです。ちょっと面白いですね。

立て看板

8社) 道なりに進むと、右手にたくさんの立て看板があります。そちらに進んでください。

8社9 看板を通り越したら、また坂道を上っていきます。あとはここをまっすぐ行くだけで、図書館に到着できますよ。

階段

8社) のぼって、

8社) のぼって、

階段

(社) のぼると・・・

図書館入口発見

(社) 階段を上り切ると、右手に茶色い「図書館4F西入口」と書いてある看板が目に入ります。入口は2つありますが、歩く距離が少なくすむ気がするので、私はこっちの入口がおすすめです。

図書館入口

8社) 階段を上ると、無事入口につくことができました!

もう一つの入口

8しゃ) もう一つの入口がこちら。青い看板がありますね。

左手に見える階段を上ると、到着できます。

図書館入口

8社) こちらが正式な図書館入口です。さっそく中に入ってみましょう。

しずっぴー

(社9 静岡大学キャンパスキャラクターの「しずっぴー」がお出迎えしてくれます。モフモフしていてかわいい~。

静岡大学附属図書館への入館の仕方【一般利用】

8社)) 学生でない場合は、ゲートの横から声をかけると、職員の方が対応してくれます。

図書館利用票

(社) よく利用する場合には、図書館利用票を作るのもおすすめです。これがあれば、職員さんに声をかけずとも入館できるようになります。

ゲート

8社9 ゲートはこんな感じ。

利用票をかざす

8社) 機械から赤い光が出ているので、その光の部分にバーコードが当たるように、調節をします。慣れるまでは難しいかもしれませんが、困ったら職員さんに声をかければ、教えてくれるので安心です。

本を読みたくなる工夫がすごい

(社) 入ってすぐのところに、その時期に合った本が置かれています。こういうのを見ると、「読んでみようかな~」と思えていいですね。

雑誌読み放題

(社) 入口があるのは4階なのですが、一つ下の3階には雑誌がたくさんあります。どれも読み放題!!暇つぶしには最高です。

本の充実ぶりもすごい

(社) 文庫本だけでこの量!私レベルになると、この光景を見るだけで興奮がとまらないっ!!

専門書

8社) 大学なので、もちろん専門書も充実してますよ~。「読んでない本がまだこんなにあるの??」って思うと、まだ死ねないな~って思うし、うつうつとした気分も吹き飛びますね。(私だけ?)

DVDやビデオの視聴もできる!

まずは受付に

(社)) 受付で、DVDやビデオが見たい旨を伝えると、こんなものを見せてくれます。

席が4つあるので、お好きな場所を選びましょう。

リモコンを受け取る

8社) そうすると、職員さんがリモコンを渡してくれるので、それを持ってブースに進みます。

席に到着

(社) 隣の席としっかりと仕切られているので、他の人のことを気にすることなく、作品に集中できますね。

ヘッドホンも備え付けてくれてあるので、手ぶらで行っても楽しめます。

DVDもビデオも種類が豊富!

(社) 驚かされたのが、DVDやビデオの種類の豊富さです!!

「え、言うても大学図書館でしょ??勉強関係のものしかないんとちゃうん」

って思いませんでした?私は思ってました、すみません。。。

もちろん、勉強に関するものも色々ありましたが、普通にエンターテインメントとして楽しめる作品も、たっくさんありました!!!

以下で少し紹介しますね。

イニシエーション・ラブ

静岡大学で見るべきDVD、堂々の第一位は・・・なんといっても『イニシエーション・ラブ』一択でしょう。

前田敦子と松田翔太のダブル主演で一躍話題になりました。乾くるみの原作も空前の大ヒット!静岡市が舞台になっており、「僕」こと鈴木は静岡大学の学生という設定です。これはどう考えても「静岡大学で見るべき」作品ですね!!!超おすすめです。

ホジュン 宮廷医官への道

韓国のテレビドラマです。なんと『宮廷女官チャングムの誓い』の名匠イ・ビョンフン氏が、監督をつとめているそうです。

私もチャングムは大好きでよく見ていました!そのチャングムの監督なら、もう見る前から面白さが保証されているようなものですね。これは見るしか!!

『魔女の宅急便』『風の谷のナウシカ』『紅の豚』などジブリの作品

ジブリの作品も置いてありました!ジブリって、子どもの頃に見るのと大人になってから見るのとでは、感じ方が全く変わる作品だと思います。

たとえば、『となりのトトロ』も昔はサツキとメイに感情移入していましたが、最近では二人の両親の方に感情移入するようになりました。

久しぶりに懐かしのあの映画を見てみるのもいいかもしれませんね。

『魔女の宅急便』のキキと画家の少女・ウルスラが、どちらも同じ声優さんだって知ってました?詳しくはこちら>>>

www.yosi-life.com



ほかにも、

  • 私を離さないで
  • 英国王のスピーチ
  • アナと雪の女王
  • 『プロジェクトX』シリーズ
  • 『プロフェッショナル』シリーズ
  • 『あしたをつかめ』シリーズ



などなど、ぱっと見ただけでも面白そうなものがたくさんありました。

気になる方は、ぜひ、実際に静岡大学附属図書館に足を運んでみてくださいね。

まとめ