東野圭吾『マスカレード・ホテル』は、警察とホテルの裏側を同時に知れる職業小説。

東野圭吾さんの『マスカレード・ホテル』を読んだので、書評を書いていきますっ!!

映画化も決定!キムタクと長澤まさみのタッグが楽しみ

2019年に、木村拓哉と長澤まさみにより、映画化されることも発表されました。

脚本は、『ライアーゲーム』『信長協奏曲』『鍵のかかった部屋』『ビブリア古書堂の事件手帖』などで知られる、岡田道尚。

監督は、映画『プリンセス トヨトミ』『本能寺ホテル』『HERO』などで知られる、鈴木雅之がつとめます。

原作で読んでも、とても楽しめるこの作品が、一体どんな映画となるのか、楽しみですね。

あらすじ

都内で起きた不可解な連続殺人事件。容疑者もターゲットも不明。残された暗号から判明したのは、次の犯行場所が一流ホテル・コルテシア東京ということのみ。若き刑事・新田浩介は、ホテルマンに化けて潜入捜査に就くことを命じられる。彼を教育するのは、女性フロントクラークの山岸尚美。次から次へと怪しげな客たちが訪れる中、二人は真相に辿り着けるのか!?いま幕が開く傑作新シリーズ。

ー本の裏表紙より引用。

警察のプライドと、ホテルマンのプライドの双方を見られる

この小説の舞台となるのは、一流ホテルのコルテシア東京。連続殺人事件の次の犯行が、このホテルで行われるという情報を手にした警察は、ホテルの内部の人間に変装して、捜査を行うことに。

メインキャラクターの一人である、刑事・新田浩介は、ホテルのフロント係になりすまします。

新田がこの業務をやる目的は、もちろん、犯人逮捕。そして、殺人事件を未然に防ぐということです。

一方、彼の教育係に任命されたのは、仕事ができる女性フロントクラークの山岸尚美。

彼女のモットーは、「お客様がルール」ということ。どんなに理不尽な要求に対しても、お客様の機嫌を損ねることなく、対応します。

最高のおもてなしをしたい山岸にとって、刑事として、全てを疑ってかかる新田の行動は、時に「よくないもの」として映ります。

この新田と山岸、双方の仕事に対するプライドを見られることが、この小説の面白さの一つと言えます。

新田と山岸の人物像が魅力的

新田は、中身は刑事でも、見た目はフロント係のそれです。ホテルとして、お客様の信頼を損なわないよう、一流ホテルスタッフとしてのふるまいを新田に求める山岸は、自分自身に対しても、非常に厳しい人物であることが見て取れます。

新田も最初はホテルマンとしてのふるまいに戸惑いを感じながらも、刑事としてのプライドを守るため、職務を全うします。

山岸は、捜査が進む中で、捜査に携わるものとして、少しでも警察に協力できるよう、事件の詳細について知りたい旨を新田に伝えます。

しかしながら、新田は新田で、「一般人」である山岸に対して、捜査の内容を伝える訳にはいかず、葛藤します。

ホテルマンとしてお客様を守るために事件を解決したい山岸と、一刑事として連続殺人事件を何としても阻止したい新田の二人。

目的は違えど、めざすゴールは同じである二人が一体どのようにして、この事件を解決に導くのか、必見です。

映画化も楽しみですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

また次に見に来てね。ぐっばい。