『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』1話ネタバレあり感想!セクゾの中島健人くんがかっこいい

スポンサーリンク

f:id:osanm060225musicAY:20181013233737p:plain
【公式】ドロ刑/日テレ10月期土ドラ (@dorokei_ntv) | Twitter
 

2018年10月13日(土)夜10時より、Sexy Zoneの中島健人くんが主演のドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』がはじまりました。


ストーリーも面白かったし、中島健人くんはかっこよかったですね。


という訳で、さっそく『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』の見どころや感想について書いていきますね。

1.泥棒と刑事がタッグを組む?!前代未聞のストーリーが面白い

このドラマの主人公は二人。


一人目は、中島健人くん演じる、警視庁捜査三課の新米刑事(デカ)・班目勉(まだらめつとむ)。


彼は「刑事になったら定時に帰れない」とぬかしたり、オフだからと自分の目の前で起こった泥棒騒ぎをスルーしたり・・・


ドラマとはいえ、「え?こんな人が警察なの??」と思ってしまうような、超強烈な個性の持ち主です。



もう一人の主役は、遠藤健一演じる、伝説の大泥棒・通称:煙鴉(けむりがらす)です。


班目と煙鴉はとあるバーで出会い、顔見知りになります。


そしてなぜか泥棒の煙鴉が、刑事の班目を教育するということになっていきます。


1話では、班目と煙鴉が協力して、10年に一度といわれる大物空き巣、通称:キツツキのマサを逮捕しました。


「なんで煙鴉は敵であるはずの班目を助けるの?」という疑問は、2話以降での解明に期待したいと思います。


前代未聞の刑事と泥棒のタッグとなりましたが、『名探偵コナン』でコナンと怪盗キッドがライバルながら協力するシーンが好きな私にとっては、なかなか胸アツな展開でした!!


2話以降の二人のタッグも楽しみです。


2.中島健人くんの顔がよい&キャラがよい

ストーリーの面白さもさることながら、中島健人くんがかっこいい。


今日はちょっとイヤなことがあったのですが、中島健人くんの顔を見ていたら、一体自分が何に悩んでいたのかすらも忘れてしまいました。


イケメンはすごい・・・(確信)


健人くん演じる班目はちょっと(かなり)癖のある人物なのですが、そのミステリアスさもかえっていい感じでした。


特に、「仕事だるい」って言ってる割に、煙鴉のことを見抜いたところは、正直驚かされました。


2話以降ではもっと健人くんのあんな姿やこんな姿が堪能できると思うので、もう今から楽しみです!!

3.警察の話なのに殺しがないので、心おだやかに見れる

このドラマは、泥棒を捕まえるための捜査三課が舞台のお話です。


そのため、起きる事件も泥棒関係のもの。


よくあるサスペンスドラマみたいに人が死ぬことがありません。


殺しがないので、すっごい心おだやかな気持ちで見ることができます。


「ドラマの中でまでも、辛い思いをしたくない・・・」


っていう方も『ドロ刑』は安心して見ることができますよ!


さらに、中島健人くんの存在(顔)で、心がもっと穏やかになるというのも実体験済み!


疲れている人は!みんな!『ドロ刑』を見よう!!

4.まさか!まさかの!!逆転ラストに驚き!!!

1話からなかなかハードなストーリーでした。


途中までは完全に、班目と健人くんは仲間だと思っていたのですが、途中から雲行きが怪しくなって・・・


「え?中島健人くん一枚上手??まさかの煙鴉さん捕まえちゃう感じ?」


とか思ってたら、それもキツツキのマサを捕まえるための演技だったというオチでした。


途中、本気で「え???煙鴉さんーーーー!!!!捕まえないであげてーーーーー!!!よくわからんけどいい人そうだから!!!」


ってなってたので、こういうオチで本当よかったです。

総評:面白かった!2話以降も楽しみ!

色々書いてきましたが、一言でいえば「面白かった」。


それにつきます。


という訳で、第2話も忘れずにチェックしようと思います!


金曜ナイトドラマ『僕とシッポと神楽坂』もおすすめです!主役は嵐の相葉くん!
www.yosi-life.com
www.yosi-life.com

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。