色鉛筆だけで超リアルに塗り絵を完成させる方法【すイエんサー】

スポンサーリンク

f:id:osanm060225musicAY:20181024033207p:plain

この記事では、色鉛筆だけで超リアルな塗り絵を塗る方法をご紹介します。 


「趣味で塗り絵をはじめたけれど、なかなかうまく塗れないなあ・・・」
「手軽に色鉛筆で塗り絵を楽しみたいけれど、やっぱり色鉛筆だけじゃ限界があるのかな・・・」

と悩んでいる方におすすめです。


こちらの方法は、2018年10月23日のすイエんサーで放送されていました。


興味がある方はこちらから、公式ホームページを確認してみてくださいね。>>
すイエんサー - NHK



それでは、いってみましょう!
この記事を読めば、あなたも色鉛筆だけできれいに塗り絵を完成させることができますよ!

色鉛筆で塗り絵をする時のポイント

色鉛筆できれいに塗り絵をするためのポイントは、以下の5つです。

  • 縦の目塗りと横の目塗りをする。
  • 縦の目塗りと横の目塗りは、面の向きに合わせる。
  • 色の濃さは、鉛筆を持つ部分で変える。
  • 色を塗る前に、影を書く。
  • 明るいところはあえて塗らない。

どういうことなのか、一つずつ見ていきましょう。

1.縦の目塗りと横の目塗りをする。

f:id:osanm060225musicAY:20181024035321p:plain

一つ目のポイントは、面の向きにそって、縦の目塗りと横の目塗りをするということです。


縦の目塗りと横の目塗りとは、一度塗った上から90度ずらした方向で重ね塗りをすることをさします。

下の絵をごらんください。
f:id:osanm060225musicAY:20181024041422j:plain

一回しか塗っていないものと、縦の目塗りと横の目塗りをしたものとでは、印象が違いますよね?(私の絵心のなさについてはスルーしてもらえると嬉しいです。泣)


右の「なし」の方ではどんなにキレイに塗ろうとしてもどうしてもムラができてしまいます。ですが、左の「あり」の方では、右に比べてキレイに塗れているのがわかると思います。


このように縦の目塗りと横の目塗りをすることで、すき間なく&ムラなく塗ることができます。

2.縦の目塗りと横の目塗りは、面の向きに合わせる。

f:id:osanm060225musicAY:20181024041524j:plain

縦の目塗りと横の目塗りは、どういう方向でもよいという訳ではありません。


上の写真を見てください。

左のように、立方体の面の向きにあっていれば自然に見えますが、右のように、適当な向きだとあまり見栄えがよくありませんよね。


このように縦の目塗りと横の目塗りをする時には、面の向きを意識するようにしましょう。

3.色の濃さは、鉛筆を持つ部分で変える。

みなさんは色鉛筆で色を塗る時、色の濃さをどのようにして変えていますか?


「力の入れ具合で変えているよ」という方も多いかもしれません。


でも、力の入れ具合ってずっとそのまま維持するのは、なかなか難しいですよね。


同じように塗ったつもりでもムラができてしまうこともあります。


色ムラをなくしキレイに塗り上げるためには、鉛筆を持つ部分を変えることが有効です。

f:id:osanm060225musicAY:20181024041614j:plain

上の写真を見てください。

この写真は左から順にそれぞれ、鉛筆の下の方を持って書いたもの、真ん中あたりを持って書いたもの、上の方を持って書いたものです。


これを見るとわかると思いますが、色鉛筆は下の方を持って書く方が色が濃くなり、上の方を持って書く方が色が薄くなります。


このように鉛筆を持つ位置によっても、線に変化を加えることができます。

4.色を塗る前に、影を書く。

四つ目のポイントは、色を塗る前に影を書くということです。


「影は難しいから後で書こうっと」と先に色を塗り始めてしまう方いませんか?


実は、塗り絵をする上では先に影を塗ってしまうのがオススメです。


先にめんどくさいことをすましてしまえば、後はのんびりと塗り絵を楽しむことができますね。

5.明るいところはあえて塗らない。

影と対(つい)になっているのが、明るい部分です。


明るい部分は、あえて塗らずにおくことにより、光があたっているようすを表現することができます。



以上、色鉛筆で塗り絵をする時の5つのポイントをご紹介しました。


実際にこれらのことを意識して、塗り絵をやってみました!
それがこちらです。
f:id:osanm060225musicAY:20181024041722j:plain

どうでしょうか?
自分ではなかなかキレイに塗れたのではないかと思っています。(自画自賛かな?)


塗り絵に興味がある方は、ぜひこれらのことを頭に入れた上で、チャレンジしてみてくださいね。


最初のころはうまくいかないかもしれませんが、何回も繰り返していれば、少しずつ、そして確実に上手に塗れるようになりますよ!


私が使っているのは、三菱の色鉛筆です。芯がおれることもなく、発色もいいので重宝しています。

色鉛筆には、鉛筆削りがついていないことも多いので、別売りの鉛筆削りを買っておくのがオススメです。

最近では、大人向けの塗り絵本もたくさん販売されています。

「一刻も早く上手になりたいんだ!」という方は、プロの画家が教えてくれる講座に挑戦してみるのもおすすめです。(※水彩画です)


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


私の絵心がやばすぎる記事はこちらです。
www.yosi-life.com