♡♥♡♥♡秘密のエンタメ屋さん♡♥♡♥♡

映画やドラマ、テレビ、アニメ、本、YouTube、音楽、観光旅行など、日々の暮らしを明るくしてくれる「ヒミツ」のエンターテイメントをご紹介します♥

今までの人生で後悔している10のこと

スポンサーリンク

誰しもそれなりに生きてくれば、一つや二つ後悔していることがあるでしょう。


そして、後悔していることって、(私みたいに)ムダにプライドが高い人の場合、自分の心の中だけに閉じ込めてしまっていることありませんか?


そういう人の気持ち、痛いほどわかるんですけどね。


恥ずかしいし、隠しておきたいし、できることならなかったことにしてしまいたい・・・みたいな。


ただ今日突然「私このまま今までに後悔してきたことを全部胸に秘め続けたら、そのあまりの多さにそのうち耐えられなくなってしまいそう・・・」って気づきました。


そこで、こんな記事(『今までの人生で後悔している10のこと』)を書くことにしました。


つまり、かなりの自己満記事な訳です。
自分の心の消化のために書くっていうね。


自己満記事ではあるけれど、今までに隠してたことを書く訳なので、実際に私を知っている人からしたら、ちょこっとくらいは面白いかもしれないです。


あと、「人の不幸は蜜の味」っていう言葉もあるくらいなので、蜜を味わうつもりで読んでもらってもいいかもしれません。

サツキの花みたいな、なるべく甘い蜜が出せるようにがんばります。


では、私が今までの人生で後悔してきた10のこと、いざ公開です。

(「って、ダジャレかよ!」って突っ込んでくれた人ありがとう!)

1.高校時代、合唱部のオペラで、「自分に合いそうな役」ではなく「自分がやりたい役」をやってしまったこと

2.中学時代好きだった男の子に告白しなかったこと

3.カンボジアに行った時、タランチュラの素揚げを自分だけ食べなかったこと

4.大学時代、サークルの部長だったのに、部員一人ひとりと向き合わず、自己中な運営をしてしまったこと

5.大学時代後半、誰の事も信用できなくなって、一人で抱え込み、孤立してしまったこと

6.人に弱みを見せるのはダサいという価値観をずっと捨てられなかったこと

7.中学時代、勉強をがんばっていた自分のことを、高校時代以降ずっと否定し続けていたこと

8.大学時代、「全ての人に愛されたい」と思うあまり、誰からも愛されなくなってしまったこと

9.過去の自分に縛り付けられ過ぎて、今や未来が見えなくなっていたこと

10.自分で自分のことを愛せなかったこと