アメトーーク!「男女コンビ芸人」の相席スタートが頭一つ抜き出ていたので内容と感想をまとめる。

スポンサーリンク

f:id:osanm060225musicAY:20180521123357p:plain

相席スタート プロフィール|吉本興業株式会社

この記事では、2018年5月17日放送の『アメトーーク!』、「男女コンビ芸人」に出演していた「相席スタート」のお二人の面白さや魅力について紹介します。

「少しだけテレビで見たことがあるけど、あんまり記憶にない」という方や、「名前だけ聞いたことがあるけど、そんなに面白いの?」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

そんなあなたに、今回の「アメトーーク!」でかいま見えた相席スタートの魅力をたっぷりとお伝えします。

この記事を読み終わる頃には、相席スタートの面白さを知って、彼らの漫才がもっと見たくなってしまうことまちがいなし!!!

相席スタートとは?

2013年2月に結成。山﨑ケイと山添寛(かん)の男女コンビ。 M-1グランプリ2017 ファイナリスト。

山崎ケイ

1982年6月13日生まれ。163cm。B型。千葉県柏市出身。 趣味:旅行/食べ歩き/料理/他人の恋愛の悩みを解決する事 特技:料理、恋愛・人生相談

山添寛

1985年06月11日生まれ。182cm。O型。京都府左京区別当町出身。 趣味:COCO壱番屋(カレー)/空手/フットサル/銭湯巡り 特技:COCO壱番屋の今のお腹に合わせたカレーとトッピングを選べる、新大久保にいるイケメン韓国人が影で言ってそうモノマネ

参照 https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=3524

アメトーーク!でのエピソードまとめ

(1)山添さんのアメトーーク!初出演

山添さんは、CoCo壱番屋芸人の時に店員衣装ではじめての出演をしていたとのこと。ですが、雨あがりの二人の記憶には残っていなかったようです・・・。

さすが、山添さんといった感じですかね。愛しさと切なさとなんとやら、という言葉は山添さんのためにあるのかもしれませんね。

でも、そういう山添さんが愛しい。

(2)相方を異性としては見てないけど・・・

山崎さんは山添さんを異性としては見ていないとのこと。

でも、ある時、山崎さんが山添さんの股間を見るというお仕事があり(生で)、その時には「ああ、男なのね~」と思ったこともあるようです。

その流れで、山添さんは山崎さんのことを異性として見てるの?っていう質問が振られていましたが、「そうですね・・・はい・・・」となんだかふわふわした答えでした。

真相は闇の中といった感じですね。

(3)ケンコバさんと三四郎・小宮さんから見た山崎さんは?

ケンコバさんが山崎さんに対して、一緒に飲みに行ったら「何かが起こるタイプっぽいよね」と発言すると、山崎さんは「私口固いんで」と返していて、笑いが起きていました。

やっぱり山崎さんはこういう返しが抜群にうまいですね!!!

三四郎・小宮さんは「もうちょっと内面を見てみないとわからない。でも、顔面的には及第点をあげるくらい」と割と真剣に考えていました!

このお二方と山崎さんの一連の流れを見ていて、男の人が山崎さんにコロッとなるのもわかる気がしてしまいました。山崎さん恐るべしですね。

(4)男女コンビ芸人あるある

山崎さんが「男性側はお笑いがめっちゃ好きな人が多く、熱が高い。Mー1何年の時の誰々のネタが~とか言いたい人たち」という説を展開。

男性陣が「あ~~~」と言いながら笑っていたので、あるあるなのかもしれません。

それに対して、「女性側はタレント志向が強め」だという説も繰り広げられました。

山添さんが山崎さんについて、女優意識が高く、「このネタ気持ちが乗らないからやりたくない」などということもあると暴露していました。

(5)自分のネタで泣いてしまう山崎さん

自分が作ったネタで「あ~、このネタ自分が伝えたいこと全部入った~」と思うと、泣いてしまうらしいです。

そんな山崎さんもかわいい。

(6)「二人が付き合って」と言う山添さんのファン

  山添さんがヘンな人と付き合うくらいなら、山崎さんと付き合ってくれた方が嬉しいから、という理由らしいです。

・・・すごいですね!!!

(7)山添さんはオーラがない?

宮迫さんから、「この世界(芸能界)30年くらいいた中で一番オーラがない」とまで言われてしまった山添さん。

身長が意外と高いこともいじられていました。

「意外と身長高い芸人」あったら出られるといいですね。

(8)山崎さんが語る、山添さんの好きなところとは?

賞レースの本番前、山崎さんが過呼吸になってしまった時、山添さんが「息吸ってくださ~い、はいてくださ~い。いつも通りやれば絶対に大丈夫ですよ」と優しく励ましてくれたそう。

その甲斐あって、本番山崎さんはノーミスで終えることができたそうですが、なんと当の山添さんがカミまくってしまったそう。

「何してんねん」というツッコミを、「何すん、何しん、何してまんねん」と盛大にカンでしまったようです。

もう山添さんは「残念なイケメン」と名乗って生きていけばいいと思います。

(9)山添さんが語る、山崎さんの好きなところとは?

山添さんが、男性が女性にするようなくだらない質問を山崎さんに投げかけると、ちょうどいい感じで答えてくれるのが好きとのこと。

実際に見てみると、

「SとMやったらどっち?」⇒「わかんないけど、私と付き合った人はみんなMになっちゃう」

「胸大きいね」⇒「大きさはわかんないけど、よくきれいだね、って言われる」

と見事な返し。

その答えににんまりする山添さんも可愛らしかったです。

(10)「ハグをして絆を深めよう」のコーナー

山添さんがかっこよく、「これからもがんばっていきましょう」と言った後、しばらく見つめ合ってから二人は抱きしめあいました。

本当にロンバケみたいでしたね!!ちょっと感動的でした。

相席スタートは「見せ方」がうますぎる

ここまで、アメトーーク!での相席スタートの活躍ぶりをご紹介してきました。

今回の収録では、他に、メイプル超合金にゃんこスターまんぷくフーフー、パーパーの4組が出演していました。

個人的な感想としては、相席スタートは他の4組より、頭一つ分抜け出ていたような気がします。

芸の面白さやキャラクターで言えば、メイプル超合金にゃんこスターも負けていませんが、「男女カップル」としての売り出し方を見た時に、カズレーザーが安藤なつの容姿をいじっていたのは、あんまり笑えなかったです。(Wi-Fiを探しちゃってるあのネタは大好きですよ~。)

にゃんこスターの場合は、「芸人」であるより前に「カップル」であることを先にきてしまっている印象を受けました。面白いには面白いのですが、感覚としては大学生の頃、学食で友だちカップルがいちゃついてるのをほほえましく見守っている、という感覚に近かったです。(こちらも例のネタは面白いし大好きです。誤解なきよう)

相席スタートの場合は、完全にビジネスライクの関係で(実際はどうかわかりませんが、少なくともカップルとしての売り出し方ではない)、ネタはネタ!として振る舞っているように見えました。

「いちゃいちゃしていたら、結果的に笑いが生まれた!」

のか

「笑いを取るために、あえていちゃいちゃした様子を見せている」

のかの違いが大きいかな、と思いました。

(余談ですが、にゃんこスターとかまんぷくフーフーのあのナチュラルに生まれる笑いは、YouTubeとかの方が向いてる気がしました。あ、これだけで一記事書けそう。)

まとめ

以上、2018年5月17日放送の『アメトーーク!』「男女コンビ芸人」に出演した「相席スタート」の魅力についてご紹介しました。

ちょっとでも「相席スタートいいな!」と思った方は、ぜひ一度、劇場に足を運んでみてくださいね。

吉本興業のお笑い芸人の動画はこちらから↓↓↓

吉本興業チャンネル - YouTube

読んでいただき、ありがとうございました。次もまた見に来てね。ぐっばい。